ナノガイン.net

    アニメ関連の話をだらだらとするブログ。玩具、プラモ、フィギュアなども語ります。
    ( *なぜかスマホだと画像の表示がズレるみたいです。原因は不明。 )
    ナノガイン.net TOP > アニメ感想

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    劇場版セレクター

    劇場版selector destructed WIXOSS 見てきました。




    初見さんお断りな内容だったw
    終わった後、後ろの席で「意味わかんねーよ」という声が聞こえましたw
    内容把握はTV版見てないとキツいですね。

    ネタばれしない程度に語ると、本編の補完みたいな内容でした。
    ダイジェスト+アルファという流れですが、ダイジェスト部分は時系列説明のための挿入程度に思った方が良いかもしれません。TV版見終わった後にモヤっとしてた部分を、後付けで説明して、さらに綺麗に終わらせた感じ。
    むしろダイジェスト部分はもっと削って欲しかった。
    ストーリーは半分ぐらいスッキリしました。
    でも、まだ疑問は残っているので、円盤が発売される頃に考察ネタとして書きたいです。

    映画としてお勧め出来るかと言うと、万人受けするような内容ではないので、何ともも言いづらいw
    (個人的には楽しめましたが)

    TVシリーズが好きだった人 → 見るべきです。

    「TVシリーズ微妙だったけど映画はどーよ?」って人
      → TVシリーズの補完なのでそれ以上の期待はしない方が良い。

    TVシリーズ見てない人 → まずはTV1期2期を見ましょう。

    こんな感じ。

    ちなみに、セレクターは私が岡田麿里氏の脚本で初めて面白いと思った作品でもあります。
    パンフレットのインタビューを読んでると、プロデューサー側から「キャラクターを満遍なく描かないで欲しい」という発注があったそうで、カットされたシナリオもあると書かれていました。この作品の脚本の良さは、脚本家自身の実力もありますが、プロデューサーが有能だったのもあるのかなと思いました。
    キャラクターの余計な描写に関しては、「心が叫びたがってるんだ」で、まさにそれを思いました。

    あ、岡田麿里脚本の鉄血のオルフェンズは毎週楽しみに見てますよ。あれも製作サイドに脚本家の良い所を上手く引き出す人がいるんですかね?



    さて、映画を見た勢いでPVを繋げたMADを作りました。



    主題歌はメッチャカッコイイんだよなあ。
    劇場のEDは、スタッフロールが流れるだけの映像でした。
    せっかくカッコイイ曲なので、一工夫欲しかったです。

    以上。

    A「セレクターは熱くて面白い!」
    B「どんな内容なの?」
    A「女の子達がカードで戦い合う話。」
    B「ほう、勝ったらなんかあるの?」
    A「勝っても負けても地獄。」
    B「それ、何が楽しいんだ?」
    A「・・・・・・女の子が壊れていくところ・・・かな?」
    B「お、おう。熱い内容とは」
    A「その・・・壊れていく中で、元から狂ってる人間が輝くというか・・・」
    B「???」
    A「龍騎的な面白さだよ(無理やり)」

    やっぱり、この作品は誰にでもお勧めできる内容じゃないよなあw



    分島花音 / 「Love your enemies」 劇場版『selector destructed WIXOSS』メインテーマ <アーティスト盤>分島花音 / 「Love your enemies」 劇場版『selector destructed WIXOSS』メインテーマ <アーティスト盤>
    分島花音

    ワーナー・ホーム・ビデオ
    売り上げランキング : 566

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    「selector infected WIXOSS 」 DVDBOX <数量限定生産>「selector infected WIXOSS 」 DVDBOX <数量限定生産>
    加隈亜衣,佐倉綾音,茅野愛衣,赤﨑千夏,久野美咲,佐藤卓哉

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
    売り上げランキング : 1200

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    「selector spread WIXOSS」 DVDBOX <数量限定生産>「selector spread WIXOSS」 DVDBOX <数量限定生産>
    加隈亜衣,佐倉綾音,茅野愛衣,赤﨑千夏,久野美咲,佐藤卓哉

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
    売り上げランキング : 1337

    Amazonで詳しく見る by AZlink
    スポンサーサイト

    プリンセスプリキュア最終回

    Go!プリンセスプリキュア 最終回



    歴代プリキュアの俺的順位!!
    1位 ハトプリ
    2位 ドキプリ
    同列2位 S☆S
    4位 スマプリ


    と今まではこんな感じでしたが、

    1位 ハトプリ
    2位 Goプリ new!
    3位 ドキプリ
    同列3位 S☆S

    に更新!!

    すごく良かったです!!
    1話1話もクオリティ高いですし、全体的にみても非常によく出来ている。
    そして何もよりも特筆すべきは物語の丁寧さ。この完成度の高さは類を見ない出来です。

    最終回は完全に視聴者を泣かせにかかってますねw

    ではでは、長くならない程度にザックリと要点を語りたいと思います。


    ・ゆいちゃんの存在





    初代仮面ライダーでいうと滝のポジション。
    民間人として敵に捕まった回数で、彼女の記録を超えるキャラは出てこないであろう・・w
    変身する事を期待してましたが、終わってみると変身しなくて良かったなあと。プリキュアではないけどプリキュアの輪の中にいる事に大きな意味があると思いました。


    ・バンクがふつくしい



    変身後のお辞儀、クライマックスのお城を使った必殺技で虹ができる演出などなど、結構好きな演出が多かったです。



    ・百合の側面から見ても豊富なネタw

    正月に地元に帰った時、百合好きの友人と酒飲みながら本作について語っていたのですが、色々な側面から様々な話ができるのが凄い。
    ドキプリはネタにしやすいキャラクター性から色々と妄想や二次創作をしやすい材料でしたが、本作の百合ネタの豊富さは緻密なストーリーや細かい演出などの丁寧な作りが一因していると思います。
    話の切り口が広さと、まとまり具合が本当に凄いです。


    ・歴代イケメン枠で最も有能な王子



    カナタ王子!!
    毎回イケメン枠はちょっとカッコ悪いシーンが出てくるくると、大きなお友達が喜んでネタにしていたのですが、この王子は隙がありませんでしたな。





    ハルハルの絶望回の王子の使い方も非常に上手かったです。流れが予想外だったし、夢を追う力の根底(王子の言葉に依存)を変化させるというのも新しい神展開でした。あまり語られませんが、主人公にとってのイケメンの存在意義が変わる話って中々珍しいんじゃないかな?

    しかし、有能過ぎてネタにならんぞこの人・・・。

    記憶喪失で再登場した時は、酷すぎる展開になってなくてちょっとホッとしましたw
    ちなみに私の中で考えられる一番酷い登場の仕方としてはダークプリキュアとして登場する事ですかね。その時のトワちゃんの反応が見てみt(ぉ



    ・きららちゃんが最高過ぎる件



    変身バンクはどこを切り取ってもカッコイイ可愛い。
    このキャラクター考えた人は天才かよと思ってしまう。
    そして中身も凄く良い子。第4話でハートキャッチされてしまいましたw
    前述した百合の側面から切り込んでも、話が尽きないキャラですw



    ・敵キャラも皆カッコイイ!!



    ハマーン様を筆頭に皆個性的で愛されるキャラクター達でしたね。
    敵キャラが魅力的。これはホント重要だなあと再認識しました。
    クローズの最終形態は、「かつて学校に潜入したカブキマンの呪い」という意見をネットで見て妙に納得w



    ・アクションシーン







    これは今更言う事でもないと思いますが、実はプリンセスプリキュアを見る前は一番不安だった要素でした。第一話のライダーキックでその不安はぶっ飛びましたがw
    優雅なコスチュームなので、激しいアクションとのギャップがまた良い。
    たまに入る劇場版クオリティの作画には驚かされました。




    ・最後に一人になる演出



    OPと同じ構図で、この演出をやるとは。
    鳥肌がたちました。
    皆それぞれの夢を追って、クローズさんの言う通りになった。だけど清々しい。
    すげえよ、このアニメ!!

    ほんと良い作品でした。

    以上。



    さて、次の作品「魔法つかいプリキュア」について。
    感想を一言で言うと
    可愛い!!
    それしか出てこねえw
    深夜アニメのごちうさOPで心ぴょんぴょんした時と同じ感覚がするw

    ついでに仮面ライダードライブの感想を書こうと思ったのですが、また今度にします。




    ごきげんよう!!




    Go! プリンセスプリキュアボーカルベストGo! プリンセスプリキュアボーカルベスト
    アニメソング

    Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
    売り上げランキング : 1669

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    Go!プリンセスプリキュア vol.1 [Blu-ray]Go!プリンセスプリキュア vol.1 [Blu-ray]
    嶋村侑,浅野真澄,山村響,東山奈央,古城門志帆,田中裕太

    ポニーキャニオン
    売り上げランキング : 2003

    Amazonで詳しく見る by AZlink

    夏アニメ終了

    今季ももう半分ぐらい進んでしまってますが・・・
    夏アニメ!!
    (前にアニメ感想は全部は書かないと宣言したので、語りたいものだけをピックアップします)

    □ 下ネタという概念が存在しない退屈な世界



    監獄学園と肩を並べる変態枠の一つなんですが、この作品、中々馬鹿にできない。
    6話以降、テロリズムとは何かを考えさせられる。

    6話より前は単純なおバカな作品で、ダイミダラーと生徒会役員共を足して割ったような内容でしたが、後半に別組織が現れて敵対姿勢をとる展開は結構面白かった。
    自分たちに共鳴して発生した組織でも、世の中に何を伝えたいのかという点で食い違いが生じると、テロ行為の目的が根底から崩れてしまう。
    例えば自爆テロとかも別に自殺がしたい訳ではない。

    メディアに敵対組織の行動が、自分たちの活動と別物である事を示すという話は凄くよく出来てると思いました。

    ネットの感想で、主人公たちの行動原理がよく分からないという意見を目にしたのですが、この作品の主人公たちの心情描写は一歩引いて観るのではなく、深く突っ込んで観た方が面白いと思う。(表面のギャグとは別にw)

    あとアニメとしてのカッコイイ動きも評価が高いです。
    原作付きの作品なのですが、ちゃんとアニメに合う動きのある演出の数々には感服しました。股間がニュータイプのような反応をする演出は初めてみたwww



    □ プリズマイリヤ

    テンポの悪さは相変わらずですが、戦闘シーンは素晴らしかったです。
    展開も徐々にFate寄りになってきてますね。

    そういえば、バゼットさんの手足を強化したアクションに既視感があったのですが、やっと思い出しましたよ、あれだ、六畳間の侵略者の主人公の肉弾戦の戦闘シーンの動きに似てるんだ!!
    原作はどっちが先か知りませんが、アニメの監督と製作会社は一緒だった。

    下セカとプリズマイリヤ、どちらも声優の松来未祐さんが出演しておりましたが、帰らぬ人となってしましました。
    ご冥福をお祈りします。



    □ ガッチャマンクラウズ

    1期の終わり方が不満だらけだったので、期待はしていませんでしたが、そこそこ楽しめました。
    2期の展開でようやく1期の終わり方も納得しましたし。
    内容は痛い話ばっかりですが、分かりやすさに特化したと思えば悪くない出来。「子供向けの社会アニメ」というスタンスで見てました。
    OPは凄くオシャレ。



    □ シンフォギアGX

    前回に比べると勢いが減速したというか、2期のマムとドクターが濃すぎたw
    マリアも敵の時の方が面白かったという印象。
    なんというか不完全燃焼な感じが否めないけど、ノリは好きですw



    全体的にメカ部分のギミックいいよね。



    □ 乱歩奇譚

    なんというか惜しい作品。
    推理はあってないような感じだから、話の内容は気にしなかったのですが雰囲気は良い感じでした。
    怪人二十面相と明明智小五郎の関係は色々な作品で繰り返し改変されてるけど、二十面相が犯罪者が被る正義の免罪符で、その事象を計算したのが明智小五郎の旧友というのは新しかったです。
    ただ、何か物足りない。・・・
    (え~っと、ちょっと何が書きたかったか忘れてしまったので思い出したら後で追記しますw)

    EDの入りは超好み!!
    鬼平犯科帳のEDの入り方みたいで、色々なMADを妄想させられましたw



    □ モバマス

    ネットと信者の間で感想がだいぶ違いますな。
    私のまわりにもリアルでモバマスにハマっている人が二人いるのですが、二人とも今回のアニメは大絶賛でした。
    しかし、私はどちらかというとネットよりの感想で、島村さんの壊れる姿は見たくなったというのが本音。
    こう言うとシャアみたいですが、島村さんには人間らしさより大天使である事を求めていました。

    個人的に二期は、第一話のノリがずっと続いて欲しかったです。

    常務はネタ的に面白いよなあ。
    もう少し時間があれば、コラが捗る人材でした。


    そういやゲームの方は最近プロダクションに入りました。
    プロダクションに入ってようやく「ソーシャルゲーム」やってるという感じするようになりましたw



    モバマスのMADでお気に入りを一つ



    感動と笑いを持ってくるこのセンスが凄いw



    劇場版デート・ア・ライブ

    もう2ヵ月近く経ってしまいましたが、デートアライブの劇場版みました。
    「万由里ジャッジメント」



    すぐに感想を書くつもりでしたが、中々書けませんでした・・・
    特典でA4サイズのイラストを貰った。

    さて観終わって頭に浮かんだのが、



    まさにこれ!!
    このキャプションでしたw

    個人的には満足な内容。
    頭の悪いイチャイチャやって戦闘でおしまい、こんな感じでしたw
    2期が微妙で不安でしたが、こんな感じで良いんですよ!

    あまり人には勧めないですが、自分はこういうの大好きw

    強いて言うなら、ASTの活躍が全く無かったのは残念でしたが、まあキービジュアルに折紙さんが居ない時点で察してはいましたが・・・。



    映画限定のキャラ、万由里はイラストを見ただけではコンセプトがよく分かりませんでしたが、内容を見て納得。
    設定的には万由里は監視者であって、色々な姿で現れるのだと思う。そして、普通なら精霊が集中している所を観察して、その統率者の器に問題が無ければ消滅する。
    その中で、今回精霊を保有する主人公が特赦な方法で精霊を保持していたので、システムが狂ってしまったと。そんな感じですかね。

    万由里のキャラデザインは凄く好きなので、じっくり見ようとパンフレットを購入したのですが・・・



    パンフレットの設定画小せえよ!!

    くっ、円盤買わないと設定画付いていないやつか。



    あと、主要キャラは人物紹介に一人1ページ割いていたのに、折紙さんがモブ扱いで泣いたorz
    初期の2大ヒロインだったはずなのに・・・。

    戦闘シーンにも参加しませんでしたが、病院から抜け出して動き回るぐらいですから、地上から援護射撃ぐらいできたのではないだろうかと思うと残念でならない。
    原作のストーリー的に、折紙が今戦うのはアウトなのかな?

    ASTといえば、真耶のリアライザは劇場版用に新しく作っても良かったんじゃね?と思いました。ラトラクスが改修したって設定で。

    BGMは凄く良かったです。1期のOPが流れたのも最高でした。変身シーンは中途半端といえば、中途半端でしたが、BGMが良かったから問題なし。

    この作品における狂三の距離感も良いですな。
    「くるくるくるみん」の台詞が妙に印象に残ってたんですが、イベントのネタだったんですね。後から監督のインタビュー読んで知りました。この台詞をどこに入れるか最初に考えて、台詞ありきで本編の脚本を考えたとかw


    とりあえず満足感のある作品でした。
    あとは、メカっぽい戦いもあれば・・・


    ・・・帰ってから、デートアライブのMADをむさぼっていたのですが、やはりこの作品の魅力は精霊対ASTの戦闘だと改めて思いました。しつこいようですが、映画の後だと益々そう感じます。


    <追記>
    せっかくなので、お気に入りのMADを紹介。









    もう一個FateZeroのOPでカッコイイMADがあったけど、探しきれない。消されちゃったかな。




    劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント 小説『デート・ア・ライブ 万由里アラウンド』劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント 小説『デート・ア・ライブ 万由里アラウンド』


    売り上げランキング : 1912

    Amazonで詳しく見る by AZlink
    株価&為替ボード

    by 株価チャート「ストチャ」




    管理人が今期見てるアニメ
    2016年10月 更新

    毎週楽しみにしてるもの
    ( `・ω・´)

    ・Occultic;Nine
    ・ブレイブ魔女
    ・SB62期
    ・ビビットストライク
    ・競女
    ・オルフェンズ
    ・Lostorage incited WIXOSS
    ・魔法つかいプリキュア
    ・ウルトラマンオーブ


    たぶん最後まで見るもの
    ( ^ ω^)

    ・怪獣娘
    ・ステラのまほう
    ・てーきゅー
    ・終末のイゼッタ
    ・仮面ライダーV3(ニコ動)
    ・仮面ライダーダブル(ニコ動)
    ・ジュウオウジャー
    ・仮面ライダーエグゼイド



    最後まで見るか分からないもの
    (´・ω・`)

    ・魔法少女育成計画
    ・魔法少女なんてもういいですから
    ・ろんぐらいだぁす!




    たまに見る
    ( ´_ゝ`)

    ・ドラゴンボール超
    ・カーレンジャー(ニコ動)
    ・ジャスピオン(ニコ動)


    見てないけど気になってるもの
    ( ゚Д゚)





    (前回の夏のアニメは全く更新してませんでしたね。前期は「Thunderbolt Fantasy」が予想外に面白かったです。)



    ※逐次消えたり増えたり順番が変わったりします。
    (時間的に)視聴はこれが限界ですが、もしお勧めの作品があったら教えて下さ~い



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。