ナノガイン.net

    アニメ関連の話をだらだらとするブログ。玩具、プラモ、フィギュアなども語ります。
    ( *なぜかスマホだと画像の表示がズレるみたいです。原因は不明。 )
    ナノガイン.net TOP > 2014年01月

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    BFでSガンダム出撃!?

    速報!!

    本日twitterにて、








    sガンダムが動くだと・・・

    まじか、緊張してきた・・・・・・。






    まさか予告のあれか?



    このSガンダムが動くのか!!

    第5話でSガンダムの止め絵が出てきただけでも感銘深かったのに、まさか公式のアニメーションで見れるとは・・・。















    ちなみに10時間後のこの人のツイート。





    うん、3秒ぐらいのカットがあれば良い方だと思うw

    いや~、ほんとビルドファイターズ毎週楽しみです。



    1/144 ガンダムセンチネル EX-Sガンダム1/144 ガンダムセンチネル EX-Sガンダム


    バンダイ
    売り上げランキング : 96923

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    ガンダム・センチネルガンダム・センチネル
    モデルグラフィックス

    大日本絵画
    売り上げランキング : 16837

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    カトキ信者じゃないけど、センチネルは俺のバイブル。
    スポンサーサイト

    2013年の秋アニメ終了

    私事ですが、今回ついに見るアニメを減らせましたよ!!
    毎回毎回「見るアニメを減らしたい」と言いつつ、どのアニメも面白くて中々視聴作品数を減らせず自分のクビを絞めていたのですが、今回ようやく抑えられました。アニメのダイエット成功ですw
    しかし、すぐリバウンドしそうなんだよなあ。今期もまた面白そうなアニメばかり・・・w




    □ 蒼き鋼のアルペジオ



    「世界なんて認識したくなかったのにいぃぃぃ!!」
    コンゴウさん、マジ引き篭もり脳。(´・ω・`)
    でも、この台詞考えた人凄いな、と純粋に感心しましたw

    最後はメンタルモデルの戦いではなく、艦隊戦が見たかった気もしますが、イオナとコンゴウの戦いを見るとこれもアリかなと思えるぐらいの素晴らしい演出でした。

    全体としては期待以上の面白さでした。特に潜水艦や艦艇のバトルは見終わった後に満足感があって良かったです。というより、私自身がこういう艦船アニメに飢えていたのかもしれません。

    この作品で特筆すべきは、キャラクターがフルCGである件。
    TV版のBRSのような作風でした。最初は違和感がありましたが、許容範囲という感じ。そして話数を重ねる毎に、スタッフの技術が向上したのか、それとも視聴者が慣れてきたのか分かりませんが、違和感は減少していきました。



    第7話のヒュウガがイオナのメンテナンスをしているシーンは、CGならではカメラアングルで実に良かったです。CGを使うなら、その特性を活かして、こういうシーンが積極的に増えればいいなと思いました。

    ストーリーは原作と大幅に異なるようですが、原作者が考えていた展開の一つらしく、無理のないまとめ方でした。
    人間らしさを否定していたコンゴウさんが一番人間臭いという皮肉は、分かり易くてニヤニヤできる展開w

    あとOPの「♪関根勤!!関根勤!!」も中毒性があって大好きですw
    カラオケで一般人の前でも歌えそうな貴重な曲だと思います。

    艦これのコラボも楽しいイベントでしたし、続編も期待したいところですね。




    □ 世界で一番強くなりたい

    これは見るつもりは無かったというか、見てるつもりはなかったのですが、終わってから思い返すと第7話しか見逃していませんでしたwww

    アーススター初の30分アニメという事でしたが、悶絶シーンで時間を稼ぐ手法なのかなと思ってたら、1話まるまる逆エビ固めってどういう事だよwwwww!!

    とりあえず、声優さんのキャスティングは良かったです。主人公の竹達さんの声は正解だったと思います。視聴者は長時間喘ぎ声を聞かされる訳ですが(笑)、個人的にはそこまで耳障りでもなく可愛くて不快感はありませんでした。
    流石に劇中の苦しむシーンがあれほど長ければ、上手さよりも可愛さの方が要求されると思います。(決して下手という意味ではないですよ。)

    話は浅い内容でしたが、最終回の試合終了後のプロレスファンとアイドルファンからの声援にはグッときました。最近自分が感動するスイッチって、これなんだよなあ。

    ・・・しかし、ライバルキャラが、主人公よりも短期間で、且つアイドル活動しながら互角にまで強くなるってどうなんだw
    まあ、主人公は総合的に訓練していたのに対して、ライバルは対萩原戦に特化した修行をしていたと思っておこうw




    □ ヴァルヴレイヴ 2期

    これは前の記事にも書きましたが、視聴者の反応が興味深くて見ていました。タダ単に叩かれているだけなら、途中で切っていたかもしれません。
    ロボットのデザインは今風の逆三角形。自分の好みではありませんでしたが、メカニカルな描写は流石サンライズといったところ。

    面白かった所といえば、エルエルフがリーゼロッテに「国を用意した」と言うシーンは素直にカッコ良かったです。
    あと、最終回で主人公の死後、殆ど説明だけで話が進みましたが、王党派も結構汚い手を使っていたようなので、この辺の裏事情も詳しく描いて欲しかったです。






    ちなみに、最初のEDと最後のEDでダブル主人公のそれぞれの走る方向が違う演出は結構好きですよ。たぶん深い意味はないと思うけどw




    □ ミス・モノクローム

    17歳教のしつこさが良い味だしてるw
    グッスマのねんどろいど回が地味に好きでした。


    □ 脳コメ

    pixivコミックで原作を途中まで読んでいて、どういう内容かは知っていたので、四分の一ぐらいチラチラと見ました。
    あれですよね、この作品、ビジュアルは今風の萌えブタアニメで、やってる事はドリフターズって感じ。
    ギャグセンスは結構ノスタルジックに感じました。




    □ 仮面ライダーカブト(ニコ動)

    私にとっては2回目の視聴だった訳ですが、やはり考察しがいのある作品は繰り返して見てナンボですね。
    矢車さんや、ワームの勢力の動きは2回目も味わい深いです。
    クライマックス、暴走スイッチという切り札を失った時の加賀美パパの演技も改めて凄かったです。
    ニコ動でカブトを配信中に、前のサイトで書いたクロックアップの考察を修正・転載しようと思っていたのですが、結局間に合いませんでしたorz
    近々クロックアップの話をまとめてアップしたいです。





    終了した物で見ていた作品は以上です。
    いやー減った減った。結構我慢できましたよw
    その他、夜桜四重奏、マシンドール、のんのん日和、ガリレイドンナ、ワルキューレ、ブレイブルー、を見ようか迷って我慢しました。

    っで、見るアニメを減らした結果、脳内メモリのアニメ容量が減ったかと言えば・・・、ただ単にガンダムとリリカルなのはとプリキュアの妄想シェアが大きくなっただけで、総じてアニメ脳が収縮した訳ではありませんでしたorz

    まあ、でも時間は節約できてる気がするので、減らす努力は今後もしたいと思っています。




    □ 今期のアニメ

    今期は、ロボットと魔法が多い感じがしますね。
    信長枠が二つあるのも珍しいw

    前期からの引き続きとしては、ビルドファイターズを見ています。
    これ、超面白いです!!
    ガンダムネタは引き出しが多いので、ネタを惜しみなく放出している所が気持ちいい。そしてバトルが熱い!!
    いろいろと凄いです。作画はバリってるし、マニアックな機体がワラワラ出てくるし、話も面白い!!
    そして、ガンダムファン以外にも勧められる内容です。
    前回の第15話の放送終了後はフェニーチェの売り切れも続出しているようで、プラモの販促としても大成功な一作。
    自分も、昔の妄想MSが蘇ってきて頭がヤバいですw


    あと、ストライク・ザ・ブラッド。
    幸か不幸か、正月休みに総集編をやってくれたので、前半を見ていなかったのですが、総集編のせいで現在視聴し始めていますw
    あーこれはダメなパターンだわ。また見るアニメが増えていくw


    そして、今期の桜TrickのOPが気にいったので、ビビッドレッド・オペレーションでMAD作りました。



    歌詞の「キス、キス、キス」と3回言うのが、ちょうどドッキングの数と一緒だったのでw
    しかし、コメントに変なのが湧いてますね。「~お願いします!!」というコメは百合界のネタなんだろうか・・・?
    まあ、コメントが付いてくれる事は嬉しいのですが。



    明日はいよいよドキプリの最終回か。




    ラジオCD 「蒼きラジオのアルペジオ」 Vol.1ラジオCD 「蒼きラジオのアルペジオ」 Vol.1
    渕上舞,沼倉愛美,山村響

    インディーズレーベル 2014-01-29
    売り上げランキング : 1880

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    仮面ライダーカブト 変身ベルトDXカブトゼクター仮面ライダーカブト 変身ベルトDXカブトゼクター


    バンダイ
    売り上げランキング : 60403

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカブト ライダーフォームS.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカブト ライダーフォーム


    バンダイ 2014-03-31
    売り上げランキング : 1204

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    ニコ動は次回から電王!!
    ブレイドの次にコメ付きで見たかったので楽しみです。

    そういえばRXの枠は次から何やるんだろう?

    ヴァルヴレイヴを観て思った事

    終了したアニメの感想を語る前に・・・



    革命機ヴァルヴレイヴ

    一言感想を言うと、酷いアニメでした。
    これは内容というより、視聴者の反応が面白くて見ていました。
    私はいわゆる「ネタで見てる層」、ファンが嫌う視聴者ですねw

    で、興味深いのは、この作品を本気で面白いと絶賛している人が一定数いる事。
    彼らは「(ギャグとして)面白い」と言っている人とは性質が異なり、たぶん本気で熱くなったり感動したりしているのだと思います。
    これはどういう事か?

    ある作品について、面白いと思う人とつまらないと思う人に分かれる場合、(アニメに限らず)以下の2つのパターンがあります。

    1. 面白いと感じた人の知見が狭い場合。
    これよりも面白い作品があるけど、その存在を知らないために、他の相対的に低い評価を下す人との間に差が生まれる場合です。
    これは面白いと思っている人が様々な作品を見る事で評価の差が収束します。
    ラジオでまどかマギカを取り上げた芸人のおぎやはぎさんも最初の感想を聞いていると、これを凄く意識しているように思えました。

    2. そもそも見ている部分が違う
    ジャンルが違えば当然評価も異なります。極端な話をすれば、ロボットアニメファンが萌えアニメを見て、熱血度基準で評価しても意味がありません。見る角度が違うからです。
    今のは極端な例ですが、似たジャンルでもストーリーの重点や、感動すべき点が微妙に異なるだけで視聴者の反応は大きく変わります。
    これは1の場合と逆で、面白くないと思っている人が幅広いジャンルを知る事で収束します。
    しかし問題なのは、2のパターンで面白くないと思っている人が、1のパターンと勘違いする時です。そもそも見る角度が違うのに他の基準で「最近の〜はつまらなくなった」と言ってしまい、この原因を作り手や他の視聴者が「本当に面白い作品」を知らないせいだと思い込む事があります。そうなると作品が劣化しているようにしか見えません。
    私はこれを「老害のメカニズム」と呼んでいますw
    一度自分の中の尺度が出来てしまうと陥りやすいパターンです。逆に新しい魅力の発見は、感性が真っ白な若者の方が有利です。


    さて、ヴァルヴレイヴはどうだったかと言うと、このどちらにも当てはまらない気がしました。
    (これが私を惹き付けた理由です。)

    ヴァルヴレイヴのファンの感想を見ていると、既存のアニメと異なる要素を見ているとは思えませんし、決して彼らがニワカという訳でもないと思います。
    様々な感想と並行して本編を見ながら、ふと思いました。
    この作品を楽しむためには、高度な視聴能力を求められているのではないだろうか?

    まず、冷めてしまう要因に展開の雑さが挙げられます。これらがしっかりしていれば、ストーリーとしては確かに面白かったと思うのです。
    では、絶賛している人たちは、この部分をどう見ているのだろうか?
    おそらく見ているというより、省略しているのだと思います。
    物語の接着剤を削ぎ落としているのです。

    この作品は、

    「演出が徹底的に記号化されている」

    と思えば腑に落ちます。

    記号化はあらゆる文化を高度化してきました。アニメ漫画などのデフォルメされた絵がその代表例といえるでしょう。
    しかし今、新たに記号化されたのは、目に見えるビジュアル的な物ではなく、脚本やその場の演出です。

    あるテーマを見せたい時は、その場面に行くまでの土台を作るのが常識でした。伏線を張るのもその作業の一つです。しかし、ヴァルヴレイヴでは「張ってない伏線を回収するなw」と揶揄されたように、展開が滅茶苦茶でした。これをあえてやってない、パーツの中心部分以外を徹底的に削り落とした結果だとしたら、視聴者側に今までにない感受性のスキルを求めている事になります。

    当たり前ですが、物語には伝えたい(表現したい)部分とそれを伝える表現があります。

    視聴者 → 演出/話 → 見せたい部分

    上記で言ったパターン2は、この「見せたい部分」が異なるという話でした。ですがヴァルヴレイヴは、インターフェイスとなる部分が異なると思うのです。異なるというより必要ないというべきですかね。

    ヴァルヴレイヴを楽しんでいる層は、最初からこのインターフェイスをすっ飛ばしていたのでしょう。
    つまり視聴者としては、また新たなるハードルが生まれた訳ですなw

    と、ここまで語っておいてなんですが、このハードルへの対処法については今の所考えるつもりはありません。
    この前、とあるコラムの「40代からのオタク入門」というもので、「萌えアニメを楽しむためには」というテーマを考察・分析しているのを読んだのですが、正直「オッサン無理して見るなよ」と思いました。
    そして、今私がヴァルヴレイヴというアニメの楽しみ方を考察しているのも、たぶん客観的にみるとそんな感じだと思います。なので、これ以上「楽しむためには」という事を考えるのは痛々しいので止めようと思いますw
    こして私も老害化していくのであった・・・。


    そういえば「ギルティクラウンに似ている」という意見をチラホラ見かけるのですが、あれは途中で切ったため比較できませんw

    ちなみにガンダムAGEはこのパターンではないと思います・・・。


    艦これの同人誌

    忘れないうちに書いておこう・・・。
    新年早々、書きたい事はいろいろあったのですが、相変わらず「時間ガー時間ガー!」状態です・・・。

    さて、今月19日に大阪で行われるコミックトレジャー23にて、KK・factoryさんの同人誌に私もゲストとして描かせていただきました。
    年末にこっそりと1ページだけ描きましたよw



    艦これ本です。
    私も叢雲さんの絵を描きました~。

    ちなみに、・・・私、実はこの方と
    全く面識がありませんw

    twitterで声をかけただけです。
    前々から艦娘の絵を漠然と描きたいと思ってたので、顔も名前も知らないのに「描きたい」と申し出ると、あっさり話が進みました。(これって「ゲスト」と言っていいのだろうかw)

    いや~、インターネットって凄いですね。
    様々な交流のプロセスすっ飛ばして、いきなり本作りに参加できるなんて凄い時代。

    私は絵は描いただけで、今回のイベントには参加できませんが、(場所も遠すぎる)もしイベントに参加する人がいましたら、4号館ネ-33bに、是非是非、足をお運びくださいませ。

    きょーめいさんは、会った事がないのでどんな人かは分かりませんが、私のような見知らぬ人間の突然のおしかけを快く受け入れて下さったので、たぶんとっても良い人だと思いますw
    氏の寛大さに感謝です。


    では宜しくお願いします。




    艦隊これくしょん -艦これ- いつか静かな海で 1巻 収納BOX付き特装版 「ドック開放」セット (アライブ)艦隊これくしょん -艦これ- いつか静かな海で 1巻 収納BOX付き特装版 「ドック開放」セット (アライブ)
    さいとー 栄,田中 謙介,C2機関

    KADOKAWA/メディアファクトリー 2014-03-22

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    1/700 艦隊これくしょんプラモデル SP 艦娘 軽巡洋艦 川内1/700 艦隊これくしょんプラモデル SP 艦娘 軽巡洋艦 川内


    青島文化教材社
    売り上げランキング : 6609

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    そういえば、正月休みにファミリーマートの「艦これ 対深海棲艦 ファミマ艦隊作戦要綱」買いました。
    内容は、艦これ白書+新しい艦娘+敵艦という感じ。
    意外と小さくて背表紙が暗い色なので見つけにくかったです。じっくり探せばまだ置いてあるかもしれませんよw
    株価&為替ボード

    by 株価チャート「ストチャ」




    管理人が今期見てるアニメ
    2016年10月 更新

    毎週楽しみにしてるもの
    ( `・ω・´)

    ・Occultic;Nine
    ・ブレイブ魔女
    ・SB62期
    ・ビビットストライク
    ・競女
    ・オルフェンズ
    ・Lostorage incited WIXOSS
    ・魔法つかいプリキュア
    ・ウルトラマンオーブ


    たぶん最後まで見るもの
    ( ^ ω^)

    ・怪獣娘
    ・ステラのまほう
    ・てーきゅー
    ・終末のイゼッタ
    ・仮面ライダーV3(ニコ動)
    ・仮面ライダーダブル(ニコ動)
    ・ジュウオウジャー
    ・仮面ライダーエグゼイド



    最後まで見るか分からないもの
    (´・ω・`)

    ・魔法少女育成計画
    ・魔法少女なんてもういいですから
    ・ろんぐらいだぁす!




    たまに見る
    ( ´_ゝ`)

    ・ドラゴンボール超
    ・カーレンジャー(ニコ動)
    ・ジャスピオン(ニコ動)


    見てないけど気になってるもの
    ( ゚Д゚)





    (前回の夏のアニメは全く更新してませんでしたね。前期は「Thunderbolt Fantasy」が予想外に面白かったです。)



    ※逐次消えたり増えたり順番が変わったりします。
    (時間的に)視聴はこれが限界ですが、もしお勧めの作品があったら教えて下さ~い



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。