ナノガイン.net

    アニメ関連の話をだらだらとするブログ。玩具、プラモ、フィギュアなども語ります。
    ( *なぜかスマホだと画像の表示がズレるみたいです。原因は不明。 )
    ナノガイン.net TOP > 2014年10月

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    アニメ最終回

    夏アニメ終了~
    という事で、軽く感想を。

    □ 魔法科高校の劣等生



    「流石お兄様ですわ!!」
    敵を瞬殺するだけでなく、最後は人を生き返らせたり、戦略兵器ぶっ放したり・・・、お兄様、もう流石というレベルではないぞwww

    最初はギャグで見ていたのですが、「横浜騒乱編」から真面目に面白くなってきました。
    残念だったというか、惜しいのは魔法に関する解説。
    見方としては、雰囲気だけ楽しめばいいかもしれません。最初は考察し甲斐がありそうな作品だと思ったのですが、卵を宙に浮かせる話で萎えてしまいました。物体を移動させる普通の魔法のプロセスにおいて、「加速」と「移動」、「減速」と「停止」をそれぞれショートカットできない理由が欲しかったところ。ベクトルの違いあたりが関連しそうだけど、あまり考察をまとめる意欲が沸きませんでした。
    そして、さらに23話の魔法学論文コンペ。



    重力制御魔法式熱核融合炉の発表内容で、途中まではそれっぽい感じの話だったのに、おそらく研究のミソである重要な所で「今回私たちは、限定された空間内における見かけ上のクーロン力を十万分の一に低下させる魔法式の開発に成功しました」と、さらっと流されてしまって椅子から転げ落ちそうになりましたw
    無理に理屈を考えろとは言わないけど、こう、演出でどうにかならなかったものだろうか・・・。重要な説明の部分で場面を切り替えるとか。これじゃ、論文発表というより、ただの物理の講義じゃないですか・・・。

    話の内容に関しては、先に述べたように途中から面白くなってきて良かったです。
    最初は、魔法による差別意識の撤廃を目指す方向でしたが、お兄様が結局最後に圧倒的な戦力差を見せつけてしまって魔法が優劣を決定づけるというラストは皮肉っぽくて意外な終わりでした。

    そういえば、作者が「ご都合主義を抑えている」という発言をして、ネットで突っ込まれていましたが、あれはたぶん、昔のアニメでよくあった偶然による危機回避みたいな演出をしたくないという意味ではないかと思います。
    主人公がハイスペック過ぎて、大きい事から細かい事まで全てチートで解決してしまっていますが、その流れの中に偶然によって左右された部分は確かに少ないわけで・・・・・・間違った事は言ってないかなとw

    設定はどうあれ、毎週楽しんでたので、二期が待ち遠しいです。



    □ 六畳間の侵略者!?

    意外な面白さでした。
    内容はタイトルから予想できるように、異なる勢力のヒロインが主人公の部屋に押し寄せる話。
    ディテールは微妙な脚本ですが、長い目で見ると結構面白いし、続くなら今後も面白くなりそうです。
    話が進むにつれてバラバラだったキャラたちが段々SFチックに繋がっていき、そこでようやくこの作品でやりたい事が分かってきました。
    あと、不意打ちで入れてくるギャグに吹きましたw
    ハニワの2匹は劇中のアイテムとしていいなぁ。ガンダム00のハロみたいな便利さw

    そしてEDが凄く良い!!
    だが、しかし、PVはどうしてこうなったw!?



    じわじわとくるシュールさ。
    先月キャラホビに行ってきたのですが、六畳間のステージもあり、お二人はこの格好でしたw



    □ 月刊少女 野崎くん

    ヒロインが一人という珍しいパターンのラブコメ。
    いや、ヒロインは他にも出てくるけど、ヒロインとしての女キャラが一人というのは珍しいですw
    とにかく千代ちゃん可愛い。

    リアル友人にも視聴している人結構いたし、ニコ生の評価もダントツに良かったらしいので、幅広く受け入れられる内容だったのだろうと思います。
    ストレートなラブコメと、変なキャラのバランスが良かったのかと。
    個人的には、話もさることながら動きも良いし、それに声のマッチングが凄かったので、作画等を推したいところです。

    あと少女マンガという縛りが新鮮でしたw
    実に面白かったです。

    だが、主人公に一言言いたい。
    フィギュア舐めんじゃねええええ!!



    □ プリズマ☆イリヤ 2wei

    プリズマイリヤの2期!!
    特筆すべきは、戦闘シーンでしょうか。
    動く動く動く。
    カメラアングルが、これでもかってぐらいにグルグル回ってカッコ良かったです。

    1期同様、1クールに満たなかったのですが、密度は上がったのではないでしょうかw
    そして、次は3期!!・・・・・・ではなく2期の補完。ややこしいw
    今期からも新しくFateが始まるので、まだまだ熱いコンテンツですね。

    それにしても、相変わらずの顔の作画の両目の間隔だけは慣れなかったなぁ。



    □ RAILWARSレールウォーズ

    取ってつけたようなラブコメ要素がなぜか話のメインになっている作品。
    もはや潔いくらいに内容が無いハーレムものw
    鉄道でアクションものやろうとすると無茶が出てくるよなぁ。

    OPの鉄道関連の風景のカットインは凄くカッコ良かったので、ああいう感じの掴みをもっと本編に活かして欲しかったです。
    EDの線路の映像とかも好きでした。



    □ さばげぶっ!

    まだ最終回まで見てないのですが、とりあえず最後まで見る予定です。
    サバゲーのアニメといえば、どうしてもC3と比較されてしまいますが、全然別物。主人公のクズっぷりは共通しているはずなのに、どうしてこうも違ってしまったのか・・・・。
    効果音はC3の方が好きだったかな。
    そして、この作品の恐るべき所は少女マンガで連載していた事!!
    ちなみに原作はpixivlコミックにあったので前から読んでたのですが、全然更新されねぇw



    □ キャプテンアース

    前期のOPが全てだった気がする。
    映像の見所としては宇宙戦ですが、話は地上戦の方が面白かったです。

    え~っと、何か色々書きたい事あったのですが忘れてしまいました。
    うんん、設定は面白かったんだけどなあ。



    □ 精霊使いの剣舞

    途中で切ろうかと思ったけど、なんだかんだで最後まで見てしまったw
    キャラは可愛いです。キャラは。それ以外で、この作品の功績といえば「ひゃんっ」の開発だろうかw
    せめて戦闘シーンの動きや作画が追いついてくれればなぁ・・・。
    萌え要素に関して、ネットの第1話の感想で見た「二郎ラーメンの野菜麺抜きアブラマシマシ」とか、「萌えテンプレートのお子様ランチ」という例えは好きw



    □ ジョジョの奇妙な冒険-スターダストクルセイダース-

    まさかの分割4クール?
    それにしても前作に比べて、勢いが減少した感じは否めないです。
    我々視聴者があの独特なノリに慣れてきたというのもあるかもしれませんが、どうもテンポが落ちた感じがしました。
    もちろん面白かったですけどね。



    □ ALDNOAH ZERO

    今回の中で、毎週一番楽しみに見ていました。
    PVの時は期待していませんでしたが、予想以上に面白かったです!!
    ダブル主人公な訳ですが、伊奈帆の方はよくもまあ難しいキャラを作り上げたものだなと。
    脚本の虚淵さんは途中までしか関わってないそうですが、前半の第2話、3話はロボットアニメとしてよく出来てると思いました。

    これで帝国側のメカがもうちょいカッコ良ければ完璧だったのにw
    開発コンセプトの違うメカ同士が戦うのは大好物ですが、帝国側のメカデザはコレジャナイ感。
    ファンネルの「拳族達」にはワロタw




    □ ガンダムさん □ ひめごと

    なぜアニメ化したし!!



    以上、今回も楽しんで見てました。
    途中で見なくなったのも結構あり、前回、前々回に比べると観たい作品は減って、ちょうど良いぐらいのボリュームだったというか、ギリギリの量でした。欲を言えばもっと見たかったのですが、時間との戦いには勝てないのですorz

    鎧武はまた別途書きまーす。



    そして新たに始まった今期。ヤバイですよ!!
    ガンダム作品が二つという戦慄・・・。
    ガンダムといえば、「クロスアンジュ」がSEED過ぎてワロタw OPの雰囲気だけでなくメカの動きが特にSEEDっぽいです。ライフルの構え方から、バックパックを吹かした時のロボットの加速、戦闘機の発進シーン、大剣の刺し方まで・・・。
    SEED世代が深夜アニメを見るようになったのを意識してるのでしょうか?
    それともあれが福田さんの最適解なのかな。

    そして、セレクター2期。
    OPのワクワク感が半端ないです!!
    見事に雰囲気を崩さずに続編の感じが出ています!!
    サビの映像から予想するとタマは敵として登場するのかしら?


    今期のアニメも豊作で困る・・・w

    追記:
    Fate第0話も凄く良かったです!!
    今期はホントに熱いw

    さらに追記:

    □ アオイホノオ



    ようやく最終回みました。
    庵野がモユルにサインを貰いに来るシーンがカッコ良すぎる!!
    綺麗な映像と悲壮感が漂うなか、「嬉しくないだろ?」が重い。
    まさかこんなに感動させられるとは思って無かったです・・・。

    ギャグなんですが、後半は中々笑えないギャグ。
    特に第10話の「アニメを作ってごめんなさい」は、視聴者をどこまで悶えさせる気だw
    伏線という訳ではないけど、物語前半の部屋で物に八つ当たりするシーン、あれは物を投げ捨てようとして、やっぱり止めるのが笑どころなのですが、最終回で本気で本棚の物を投げて荒ぶるシーンに対する見事な引き立てになっていました。
    あのシーンも含めて、クライマックスの絶望シーンは辛いほどに胸にきました。

    それを超えてからの庵野や島本本人のメッセージだからこそ熱く静かな空気になっています。
    ハッピーエンドではあるけど、静かに青春が終わる感じが凄くカッコイイ。

    とても良い作品でした。
    DC版すげー見たいです!!

    ちなみに続編をやるとしたら・・・・・・
    原作は全く読んでいないのでどんな展開になるのか知りませんが、続編ではゼネラルプロダクツのワンフェスのネタやりませんかね?OVAの「おたくのビデオ」みたいなエピソードがみたいのですがw





    キャラグミン 1/7 桜井あおいキャラグミン 1/7 桜井あおい


    株式会社ボークス
    売り上げランキング : 47169

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    キャプテン・アース 公式アーカイブ  FINAL EXPANDキャプテン・アース 公式アーカイブ FINAL EXPAND
    BONES,Newtype

    KADOKAWA/角川書店 2014-10-22
    売り上げランキング : 9319

    Amazonで詳しく見る by AZlink
    スポンサーサイト
    株価&為替ボード

    by 株価チャート「ストチャ」




    管理人が今期見てるアニメ
    2016年10月 更新

    毎週楽しみにしてるもの
    ( `・ω・´)

    ・Occultic;Nine
    ・ブレイブ魔女
    ・SB62期
    ・ビビットストライク
    ・競女
    ・オルフェンズ
    ・Lostorage incited WIXOSS
    ・魔法つかいプリキュア
    ・ウルトラマンオーブ


    たぶん最後まで見るもの
    ( ^ ω^)

    ・怪獣娘
    ・ステラのまほう
    ・てーきゅー
    ・終末のイゼッタ
    ・仮面ライダーV3(ニコ動)
    ・仮面ライダーダブル(ニコ動)
    ・ジュウオウジャー
    ・仮面ライダーエグゼイド



    最後まで見るか分からないもの
    (´・ω・`)

    ・魔法少女育成計画
    ・魔法少女なんてもういいですから
    ・ろんぐらいだぁす!




    たまに見る
    ( ´_ゝ`)

    ・ドラゴンボール超
    ・カーレンジャー(ニコ動)
    ・ジャスピオン(ニコ動)


    見てないけど気になってるもの
    ( ゚Д゚)





    (前回の夏のアニメは全く更新してませんでしたね。前期は「Thunderbolt Fantasy」が予想外に面白かったです。)



    ※逐次消えたり増えたり順番が変わったりします。
    (時間的に)視聴はこれが限界ですが、もしお勧めの作品があったら教えて下さ~い



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。