ナノガイン.net

    アニメ関連の話をだらだらとするブログ。玩具、プラモ、フィギュアなども語ります。
    ( *なぜかスマホだと画像の表示がズレるみたいです。原因は不明。 )
    ナノガイン.net TOP > 2015年03月

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    映画プリキュア春のカーニバル

    昨日、映画プリキュアオールスターズ春のカーニバル、
    見てきました!!


    ネタバレしない程度に一言・・・・・・


    シュールすぎるw



    歌とダンスがメインだというのは事前情報で知っていましたが、何か私の求めていたものとは違いましたwww
    ネットの評判では賛否両論という感じですね。


    ライトでパワーアップが無くなった件はまあいいとして、私の中でプリキュア作品というのが、

    日常→バトル→ダンス

    という様式美が出来上がってしまってたので、どうも不完全燃焼でした。

    こういう物だと分かった上で、実況やコメント付きで見たら凄く面白そうという感じ。一緒に行った友人も同じ感想でしたw
    そして、あまりにモヤモヤした気分になったので、帰りにNS3を借りて観ようという話になったのですが、既に借りられて残っていなかったという・・・orz
    (オールスターの季節になって思い出したんですけど、去年のNS3はまだ見てなかったんですよ)


    今回の映画、個人的には残念な出来でした。
    やっぱり新しい試みをすると、どうしても粗くなるのは仕方がないと思います。
    しかし、もし来年も「春のカーニバル2」をやるのなら、話や演出の調整次第でかなり面白くなるのではないかという期待もできました。

    最後にもう一言、
    ドラゴンさん、お前は俺らか!!と言いたいw


    グッズ~

    また使わないクリアファイルを買ってしまったw

    今回は1900円と映画代より高い品。でも5枚セットなのでお得ではあるのかな?



    買う決めてとなったピンク軍団。
    自分の好きなプリキュアが詰まってる~♪




    そして青。
    袋から出さなくてもめくる形で全部の絵柄が見れるようになってます。




    あざとい1枚

    くっ、思わず縦に撮影してしまったぜ。




    紫っぽい。
    ビートは青のチームじゃないのかと思ったけど人数調整ですかね。




    そしてその他。
    黒白花鳥はまとめてここに。


    あと、前日プリキュア新聞も買いました!!



    ポスターのキャラクターの絵はCGになってます。



    うむ、やはりドキプリ勢が好きですわー。




    映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 [DVD]映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 [DVD]
    中島愛,潘めぐみ,生天目仁美,寿美菜子,渕上舞

    TCエンタテインメント
    売り上げランキング : 3287

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ Blu-ray 特装版映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ Blu-ray 特装版
    中島愛,潘めぐみ,北川里奈,戸松遥

    ポニーキャニオン 2015-03-18
    売り上げランキング : 424

    Amazonで詳しく見る by AZlink

    スポンサーサイト

    最終回したニチアサ

    戦隊ものが新番組ニンニンジャーに変わったという事で、このタイミングで最終回したニチアサの感想をw
    ・・・この機を逃すと鎧武の感想書けない気がするw




    ホントはイラスト描こうと思ったけど、面倒になったのでフィギュアーツの写真で・・・

    □ 仮面ライダー鎧武

    平成ライダーの中で、龍騎以来、人間ドラマが面白いと思いました。
    もう私の中で、龍騎、ブレイドに並ぶ作品です。

    クライマックスに雑魚敵が大量発生するのは毎年恒例ですが、主人公とラスボスが両方とも化け物を使役して決戦は珍しい・・・というか、特撮ものでこんなクライマックスの戦闘は初めてじゃないだろうか・・・。
    二人とも人間辞めてる感が凄いw

    さて、この作品は何といっても脚本が熱い。
    登場人物は典型的なキャラばっかりだけど、突き抜けるとこうも面白くなるのかと。
    それぞれ違う方向に真っ直ぐで、その目的のために共闘したり利用し合ってる。そんな話が大好きですw

    バッドエンドに定評のある脚本家さんですが、個人的にこの人の凄いと思うところは伏線をぶつけるタイミングです。
    (かく言う私も人生で初めてプレイしたエロゲはこの人の作品でしたw)
    物語でも、視聴者を共感させたり、エグイ方向に持っていくのが実に上手い。

    例えば、第1話で主人公が最初に倒したインベスが友人だった真実について。
    この情報をどこで本人にバラすのかとヒヤヒヤしながら観てたものですが、よりにもよってユグドラシルの計 画に怒りを爆発させたタイミングで、怒りの矛先である高虎ニーサンから告げられるという予想以上にダメージの大きい展開でしたw
    ちなみに、視聴者の殆どがミッチが絡む地雷だと思っていたのではないでしょうかw?

    あと、伏線ではなく展開のタイミングですが、後半のミッチがニーサンよりも悪者に見える構図も面白い部分でした。
    レデュエと交渉して、人類を生き残らせる方向に持っていったミッチ。
    確かに、人類の1/7以外を見殺し(抹殺)しようとした旧ユグドラシルの計画に比べると、数字に関してはミッチの方が優秀なプランです。
    しかし、どうしてもオーバーロードの情報が出た後だと、問題に対して抗おうとしたニーサンと対比になって、小物っぽ くなってしまう。
    この見せ方が本当に上手いなあと思いました。

    そして、この作品で大きなテーマとして出ているのは「子供と大人」だと思います。
    色々な場面で理想論を潰す大人の事情があり、その度に「大人」「子供」というキーワードが出てきた気がします。
    この部分に関してはニーサンの心情変化が面白かったです。大人サイドの立ち位置としては、シドや凰蓮は良いスパイスでした。

    しかし最後にシドが小物になってしまったのは惜しいです。
    彼には「大人」として世の不条理さに対して「子供」に八つ当たりするキャラでいて欲しかった。

    そういえば、同時期にニコ動でや ってた電王で知ったのですが、シドの役者さんは、3、4話の契約者としてて出演していたんですね。モモタロスを「先輩!」と呼んでいた売れない音楽活動家でした。
    (追記:自分のブログ見返したら、シドについて以前に同じ事書いてますね(汗))
    深読みのし過ぎですが、この経緯を過去のシドの下積みと仮定たら、音楽に関係のあるダンスチームを標的にしたのも何んとなく人間臭くていいなあと思いました。
    初期のインベスゲームは、アーマードライダーの実験であると同時に、一般人の被害の原因をインベスを使う連中に押し付けるための布石だったので、ビートライダーズを対象にしなければならない訳ではありません。
    ぶっちゃけ勢力争いをしている連中だったら誰でも良かったはずです。むしろ最初からチンピラに撒いた方が効果は高かったのではないでしょうか。
    劇中のニーサンの反応を見る限りでは、この辺のプランはシドが練って自ら「錠前ディーラー」としてロックシードをばら撒いていたと考えられます。役割としては、ドライバーとロックシードの開発と研究はプロフェッサー、一般社会での実験と運用はシド、ヘルヘイムの森での実験運用及びまとめ役がニーサン、情報統制の協力がサガラという感じかと。
    このインベスゲームのプランをシドが考えたものだとすると、本当は自分がやりたかった音楽関連で遊んでいる子供たちへの当てつけというのが根っこだったら面白いなあと妄想していましたw

    シドは、高虎ニーサンの心情変化への反応が面白かったので、もうちょっと深いキャラにして欲しかったです。

    あと、インベスゲームといえば、序盤の物語の不安は結構大きかったですw
    面白くなりそうな第1話ではありましたが、ここから人類の危機に発展するまでがテンポ悪すぎた。
    構成としては中盤以降の展開にギャップを持たせるために最初を丁寧に作り込みたかったのでしょうけど、4クールの配分を間違えてしまったのか、どうも危機感が無い時間が長く感じました。インベスの危険性にもっと早く目を向けるべきだったと思います。
    2、3話ぐらいからもうインベスに疑問を持っても良かったのではと思いました。
    全体的には凄く面白いんだけど、この序盤の退屈な時期があるから人に勧めにくいんだよなあ。


    そして鎧武の物語を語る上で欠かせないのが、もう一人の主人公ミッチ!!
    もうですね、この人間の壊れていく過程が素晴らしい!!
    一人で空回りしてぶっ壊れていくのですが、納得の壊れ方でしたし、メインキャラをここまで追い込むとは思いませんでした。
    後戻りできない状態までいってしまったのですが、安易に殺さず、紘汰が地球を離れた後のアフターストーリーもやったのは高評価でした。
    仮面ライダー龍騎で見たかったけど、出なかったキャラの扱いでした。(蓮は結局、主人公がストッパーになってたし)
    そしてその状態にまで来たミッチを強者と認める戒斗の評価もまたこの作品らしいw
    末期の幻覚の見せ方も、今まで見た作品の幻覚の演出で一番良かった気がします。
    強いて不満を言うと、最終回でペコとミッチの絡みがなかった事ですな。
    クズ呼ばわりされて殺されかけたペコは他の連中とは違うと思うのだけど、どうなんだろうか。
    直接絡まなくても良いので、1年経ってペコがミッチをどう思っているのか具体的な台詞にして欲しかったです。


    アクションとギミックに関しては、かなり良かったと思います。
    ロックシードのギミックは結構思い切った感じでしたが、大成功だったと思います。
    あと武器の扱いで最初に凄いと思ったのは、無双セイバーの銃の残弾の話でした。
    第1話で弾切れの演出がありましたが、この演出は必要だったのだろうか最初は疑問に思いました。しかし、しばらく見ていると最初の演出の意味がすぐに分かりました。
    前半の戦闘ではピンチになった時に、割とこの銃の威力が役にたっている事が多いのです。ガンダムの頭部バルカンみたいにw 威力が強い故に、通常ならその銃を連射すれば敵を追い込める印象を持ちます。
    そこで、最初の第1話で残弾が少ない事をアピールした事が効いてくるんですねえ。
    アクションにおけるピンチを抜け出すアイテムをこれ程自然に登場させた事には感心しました。

    オレンジの剣は、第一印象「だっせええぇえぇえwww」という感じでしたが、物語が始まるとカッコよく見えてくる現象がwww
    あと、スイカロックシードは結構後半でもちゃんと出てきたのは良かったです。例年巨大兵器は数回しか出てきませんが、しっかり登場し、さらに量産されている所も良かったです。
    ドライバーや各アイテムの技術進歩が目に見える形で出てくるのも、凄くワクワク感がありました。


    以上、仮面ライダー鎧武。
    濃いキャラクター達が違ったビジョンを持って突き進み、変身ベルトも戦闘以外の目的を持たせる事で物語があらゆる方向に深みを出し、色々な正義と悪が交差する素敵で楽しい作品でした。

    果たして「悪い子は悪い大人に騙される」という強烈なメッセージが、どれほどのチビッ子に伝わったのかw





    □ ハピネスチャージ・プリキュア

    戦犯:神様

    以上!!

    本当にハピプリのストーリーはこれに尽きると思いますw

    私が予想していた結末としては、ブルーがミラージュとくっつくために神様を引退し、神様の後継者をめぐみにして、それを誠司が受け入れるという流れかと思っていたのですが、予想以上に雑な終わり方でしたwww

    ビジュアル面では、変身シーンのバスタオルを特筆すべきでしょうかw
    変身シーンへのイチャモンは前からあったし、現在やってるプリプリは同じタイプではないですが(どちらかというとハトプリタイプ)、今後も光る全裸はNGになるのかもしれませんw

    デザインに関しては、始まる前にコスチュームの黒い部分の面積が多い事がどうにも受け付けないと言及しましたが、キュアフォーチュンとラブリーの組み合わせは好きだったので、たぶん個人的にプリンセスとハニーのデザイン・配色が気に入らなかったのだろう・・・。全員揃ったときはなんか微妙ですが。ラブリー単体は好きです。
    光のソードを構えたラブリーは黒い衣装のおかげで凄くカッコよかったですし。

    あと、戦闘で良かったのはミラージュとの戦いですかね。







    内容は生々しい修羅場(笑)で、背景や作画は独特で、だけど熱い。そんな第43話でした。そして、戦い終わった後のミラージュ様のサッパリした感じには、不覚にもウルッとくるものがありました。

    世界各地にプリキュアがいるという設定も特筆すべきところですね。
    作品内に歴代プリキュアがいるだけでなく、同時系列で沢山のプリキュアが存在する世界。
    そういえば、ハワイのロングスカートのプリキュアを見てすぐこんな落書きをしてしまった↓





    そして敵幹部が実に良いキャラでした。
    歴代の中でかなり好きかもしれない。特にナマケルダさんがイケメンダメ男過ぎて惚れる!!


    ハピプリは以上。
    う~ん、前回と前々回のプリキュアが2回連続で自分好みの作品だったので、ハピプリはちょっと印象が薄いですな。もちろんハピプリにしかない良さもありましたし、1年間楽しめましたけどね。

    プリンセスプリキュアはどうなるか。
    ん? オリジナルのプリキュア?
    ・・・・・・あ~、プリキュアが10周年で終わらなくて良かったよホント(汗



    □ トッキュウジャー

    ギャグ路線でしたが、クライマックスは結構重い展開でしたね。
    さて、トッキュウジャーの最終回がきっかけでこの記事を書いたのですが、特に書くことないや・・・w。

    強いて言うなら、本作品のメインヒロインであるグリッタ嬢のおかげで新しい世界が開けた事ぐらいかな(ぉ



    あと、皇帝専用のクライナーはスゲーカッコよかったです!!

    twitterで突っ込みながら見るには、ちょうど良い面白さでした。




    さて、新しく始まったのはニンニンジャー、仮面ライダードライヴ、プリンセスプリキュア。
    ライダーと戦隊は、今のところ前作と比べて微妙なのですが、これから期待したいですね。
    プリンセスプリキュアの方は割と楽しみに見ていますw



    仮面ライダー鎧武/ガイム 公式完全読本 (ホビージャパンMOOK 619)仮面ライダー鎧武/ガイム 公式完全読本 (ホビージャパンMOOK 619)
    石森プロ,東映株式会社

    ホビージャパン
    売り上げランキング : 113099

    Amazonで詳しく見る by AZlink


    S.H.フィギュアーツ仮面ライダー鎧武 オレンジアームズS.H.フィギュアーツ仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ


    バンダイ
    売り上げランキング : 10079

    Amazonで詳しく見る by AZlink



    そういえば、鎧武の映画まだ見てなかったなぁ。
    4月にはニーサンと戒斗の過去編の外伝をやるようなので、こちらは楽しみです。
    株価&為替ボード

    by 株価チャート「ストチャ」




    管理人が今期見てるアニメ
    2016年10月 更新

    毎週楽しみにしてるもの
    ( `・ω・´)

    ・Occultic;Nine
    ・ブレイブ魔女
    ・SB62期
    ・ビビットストライク
    ・競女
    ・オルフェンズ
    ・Lostorage incited WIXOSS
    ・魔法つかいプリキュア
    ・ウルトラマンオーブ


    たぶん最後まで見るもの
    ( ^ ω^)

    ・怪獣娘
    ・ステラのまほう
    ・てーきゅー
    ・終末のイゼッタ
    ・仮面ライダーV3(ニコ動)
    ・仮面ライダーダブル(ニコ動)
    ・ジュウオウジャー
    ・仮面ライダーエグゼイド



    最後まで見るか分からないもの
    (´・ω・`)

    ・魔法少女育成計画
    ・魔法少女なんてもういいですから
    ・ろんぐらいだぁす!




    たまに見る
    ( ´_ゝ`)

    ・ドラゴンボール超
    ・カーレンジャー(ニコ動)
    ・ジャスピオン(ニコ動)


    見てないけど気になってるもの
    ( ゚Д゚)





    (前回の夏のアニメは全く更新してませんでしたね。前期は「Thunderbolt Fantasy」が予想外に面白かったです。)



    ※逐次消えたり増えたり順番が変わったりします。
    (時間的に)視聴はこれが限界ですが、もしお勧めの作品があったら教えて下さ~い



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。