ナノガイン.net

    アニメ関連の話をだらだらとするブログ。玩具、プラモ、フィギュアなども語ります。
    ( *なぜかスマホだと画像の表示がズレるみたいです。原因は不明。 )
    ナノガイン.net TOP > スポンサー広告> アニメ感想 > 直球表題ロボットアニメ 最終回

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    直球表題ロボットアニメ 最終回

    直球表題ロボットアニメ 第12話「サイシュウワ」



    最終話にきてSFものになったw

    最後に3人の役割がきちっとあったのが面白い。この世界のロボットは両軍の多数の軍事衛星から妨害電波を受けていて。カトウはこの軍事衛星の極秘データにアクセスでき、モリはジャミングを受けずにその軍事衛星とレーザー通信できる。この二人が協力すれば衛星をハッキングして「笑いプログラム」を全ロボットにインストールが可能。その実行の判断を人間の身近な存在として開発されたフジイに一任するという最後の無茶ぶりw
    スゲーまとまっとる!!

    この作品は基本的にgdgd妖精と同じコンセプトですが、微妙にテンポが異なるので最初は掴みにくかったです。しかし楽しみ方が分かれば、毎週面白い作品でした。
    gdgd妖精はアニメネタが多いのに対し、こちらは現実のお笑いネタが登場するので抵抗ある人も多かったのではないでしょうか。ギャグものにおいて「笑い」というテーマは両刃の剣であり、普通にダラダラとやれば寒い展開になるのは目に見えていますが、深く突っ込めばテーマにテーマを被せるレベルの高い物に仕上がります。そういう意味では、タイトル通り直球表第でした。


    さてさて、登場キャラたちが求めていた笑いプログラムの正体ですが、結局ロボットの機能停止でした。
    ロボットにとって“笑い”を手に入れるのは「自発的もしくは偶発的にエラーを起こし、それを受け入れて肯定するという事」であり、その結果が停止となる。
    なるほどね・・・は思ったのですが、しかし、その後の説明の「ロボットがプログラミングを無視できるようになってしまうと、人間と違って生存本能がないから存在の目的を根底から失ってしまう」という論理はちょっと違うかなと・・・。

    「自由と不自由は同じ」はここに繋がる訳だけど、これってある意味、人間にも言える事ですよね?
    エヴァの最終回でも思った事なんですけど、「自由」という言葉は、「○○からの自由」という修飾語が付いて初めて意味を成します。
    逆に人間の自由をロボットに例えると、ここで言う「自由な人間」は生存本能というプログラミングに束縛されている訳で、命の価値が最上級という制約は取り外されていません。
    なので「自由」という具体的な意味が定められていない言葉に対して「それは何か?」という問いは実に滑稽なのです。
    ロボットと人間の間には生存本能の有無の差がある。つまりプログラミングの大きさが異なる。だからこそ人間は浅い階層でのエラーを肯定する事が出来るし、同じエラーでもロボットにとってそれがベースとなるプログラムだった場合、そのエラーを認められない。
    事実、人間だって本物の死をギャグにするのは難しいし、笑う事を認めない。
    この「笑い」というアプローチから自由を見ると納得できるシミュレーションだけど、直接「自由」という観点からロボットの機能停止に繋げるのは詭弁じゃないかな?

    笑いとは → ルールに囚われない自由さ

    たぶん、ここから理屈が崩れ始めている気がします。

    まあ、理屈はともかく映像演出は素晴らしかったです!!
    ハナブサさんの説明を渋っている様子から、何となく結末は予測できたのですが、実際に映像で見るとブワッときますね・・・。
    シミュレーションも実行した時も。









    最後に「アハハハハハハ!!」と笑いながらブツっと倒れて、真のガチED・・・
    ♪私が笑うのなら世界は終わるだろうか~
    このコンボは卑怯だわ・・・。

    この物語は、生存本能を前提にした人間の価値観を押し付けるとしたらバッドエンドだし、行動目的に存在意義の重点を置くロボットの視点では目的達成をしたハッピーエンドと言えます。
    ここでフジイの言う「神様の孫」にとっての「次の世代」とはなんぞや?というのは突っ込んではいけない事だろうw
    でも、遺伝子を残す事だけが次に繋げる事ではないと思います。ロボットの争いを無くす事で、今まで隠れていた者が平和に暮らせるという未来もあるかもしれません。例えば森の妖精とか。


    TV版も好きですが。勿論ニコ動版の最終話も好きです。
    最後のズゴ―は無駄に可愛かったw




    □ 主題歌・キャラソン



    ♪わんちゅーわんちゅーうけとめわんちゅー

    やべぇ、Full聞かないでCD欲しくなったの初めてかもしれないwww


    スポンサーサイト
    コメントの発進準備












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    株価&為替ボード

    by 株価チャート「ストチャ」




    管理人が今期見てるアニメ
    2016年10月 更新

    毎週楽しみにしてるもの
    ( `・ω・´)

    ・Occultic;Nine
    ・ブレイブ魔女
    ・SB62期
    ・ビビットストライク
    ・競女
    ・オルフェンズ
    ・Lostorage incited WIXOSS
    ・魔法つかいプリキュア
    ・ウルトラマンオーブ


    たぶん最後まで見るもの
    ( ^ ω^)

    ・怪獣娘
    ・ステラのまほう
    ・てーきゅー
    ・終末のイゼッタ
    ・仮面ライダーV3(ニコ動)
    ・仮面ライダーダブル(ニコ動)
    ・ジュウオウジャー
    ・仮面ライダーエグゼイド



    最後まで見るか分からないもの
    (´・ω・`)

    ・魔法少女育成計画
    ・魔法少女なんてもういいですから
    ・ろんぐらいだぁす!




    たまに見る
    ( ´_ゝ`)

    ・ドラゴンボール超
    ・カーレンジャー(ニコ動)
    ・ジャスピオン(ニコ動)


    見てないけど気になってるもの
    ( ゚Д゚)





    (前回の夏のアニメは全く更新してませんでしたね。前期は「Thunderbolt Fantasy」が予想外に面白かったです。)



    ※逐次消えたり増えたり順番が変わったりします。
    (時間的に)視聴はこれが限界ですが、もしお勧めの作品があったら教えて下さ~い



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。