ナノガイン.net

    アニメ関連の話をだらだらとするブログ。玩具、プラモ、フィギュアなども語ります。
    ( *なぜかスマホだと画像の表示がズレるみたいです。原因は不明。 )
    ナノガイン.net TOP > スポンサー広告> 雑記 > CCカーニバル(秋)に参加しました

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    CCカーニバル(秋)に参加しました

    先月中旬、このブログどころかtwitterもあまりやってない時期がありました。実は・・・
    クラウドシティ・カーニバル(秋)に参加していました。

    ガイナックス元社長のオタキング岡田(岡田斗司夫)が主催する「クラウドシティ」という有料のSNSがあるのですが、そのクラウドシティの企画で、2週間限定で同SNSと同じ機能を持った場所を無料開放するというイベントがありました。
    クラウドシティの文化祭「クラウドシティ・カーニバル」です。

    結論から言うと楽しかったです。開催中の2週間、ネット上ではそこに引きこもっていました。


    クラウドシティと言うと、ブラックな噂も結構ありますw
    興味のある人は「オタキングex」や「クラウドシティ退会」でググって下さい。岡田さんの悪い話はいくらでも出てきますw

    (表面だけですが)実際に触れて見て、何となく分かる気がしました。まあ、どこのSNSでもトラブルは起きるものですし、特にこのSNSは「会員=運営」という形態なので、そのトラブルがよりシビアになったのでしょう。それに加えて、運の悪かった人が岡田さんのワガママに振り回されたのかなぁという印象。
    岡田さんの話は、一見筋が通っているようで、長期的には一貫性がありません。そこを屁理屈で繋いでいるだけです。これは外から見ていても分かります。遠くから見てるぶんには面白いのですが、組織に入って岡田さんの存在が近くなると、その屁理屈が顕著になって気持ち悪くなるのだと思います。
    もし本家クラウドシティに入会するなら、その辺は最初から覚悟した方がいいのかもしれません。


    さて、この集団、外向けの宣伝を見てると、ちょっと知的なイメージがあるかもしれませんが、実はそうでもない。本家はどうか知りませんが、少なくともカーニバルでは稚拙な部分も多々ありました。
    もし「頭の良い人が集まって議論している」イメージを期待してたら幻滅すると思います。
    参加人数は最終的に3000人突破しており、実際色々な人がいました。世の中、賢い人もいれば、そうでない人も一定数はいます。そして人が増えれば・・・そういう事だ。
    そもそも専門性の高い話をするには向いていません。深い話がしたければ、その専門のコミュニティの方が面白いですし。2chで「廃墟」と言われるのも無理はない。

    では何を楽しむ所なのか?

    一言でいえば「リア充ごっこ」を興じる場でした。

    リア充がお互いに褒め合い、慣れ合い、オタ話を深く理解せずに軽く突っついてくるあの感じ。あれを疑似体験できる場ですw

    議論に関しても2chでは「先行研究をまず読めよ」と言われてました。ごもっともなんですが、あの場で求めてられているのは、意義のある中身ではなく、マニアックな内容に見合わない入り口の広さとハードルの低さです。
    専門性の高い話について、高度な中身は期待できませんが、専門家でない人間が専門の話に入り込めるのは貴重な場だと思います。

    何かの専門SNSではないけど、オタキングの異名を持つ岡田さんが中心だからこそ、他の総合的なSNSにはない話題を立てる事が可能でした。
    特に、話したいテーマについてネット上にそのコミュニティが無い場合、このクラウドシティの特性が発揮されます。




    では、具体的にどのようなSNSであったか。
    参加者からは、よくmixiに似ていると言われていました。私はmixiをやった事がないので比較できないのですが、多くの人が同じ事を言ってたので、多分そっくりなのだと思います。

    大きく分けて二つのコンテンツから構成されています。

    まず、「あのね…」という機能。
    簡単に言うと日記です。ブログのように他者がコメントを付ける事もできます。
    最初は何を書けばいいのかよく分かりませんでしたが、慣れれば便利でした。
    1行でもいいし、長文でも構わない。個人的にはtwitterとブログの間という扱いをしておりました。
    なお、自分のプロフィールと「あのね…」を閲覧した人は足跡が付きます。

    特徴的なのは、オタクっぽい人や理屈っぽい人を集めているにも関わらず、結構女性の数も多い事。
    そこでどういう現象が起きるのかというと、オタクが女性ブログの独特の感じに感化されてしまうのですw
    閉じたコミュニティの中、同じデザインの枠組みで堂々と痛々しい話をされると、そばで書きこんでいる人の内容にも変化が起きるものです。
    そこを楽しめるかどうかが、このイベントのポイントだと思います。

    以前、岡田さんは「男性向け雑誌において恋愛話は受けないと言われるが、クラウドシティでは男も恋愛話に積極的に参加している」と言ってました。しかし、それはクラウドシティの閉じた世界での現象であって、同じ人が外で同様の話に金を払うかというと疑問です。
    普段話さない事を堂々と書き込めるクラウドシティ内のあの精神状態は、「TSUTAYAでオタクグッズを買うのは恥ずかしいけど、アニメイトだと堂々と買える」時の感覚に似ていますw

    以上が私が受けた特徴的な印象。


    そしてもう一つのコンテンツが、「テント」です。
    テントの中には「トピック」があり、そこで様々な議論をしています。
    簡単に言うと、トピックが掲示板のスレで、そのスレをジャンル毎に束ねたのがテントです。

    トピックを立てるのは自由ですが、テントは最初から用意されています。
    実はカーニバルの正式オープンの前に、私は岡田さんのメルマガ特典で先行入場していました。プレオープン時はテントも自由に立てられたのですが、正式オープン後には弄れなくなってました。

    政治関連のテントが無かったので、慣れてきたら「大雑把な政治」と題してテントを作ろうと思ってたのですが、プレオープンの時にしか立てられない事を知らず、気づいた頃には新しくテントを作る事ができなくなっていました。CCカーニバルでは、政治システムのとある話がしたかったのですが・・・というよりこれが目的で参加したので、テントが作れなくなると、自分にとって参加した意味が半分以上無くなってしまいましたorz

    そこで、とりあえず惰性で楽しむ事にしました。


    トピックは色々ありました。
    まず、「みんなのアニメ」の質問コーナーがありました。
    ホリエモンと企画しているアレですw

    レゴブロック化について質問したところ、岡田さんご本人が答えて下さいました。
    (↓クリックで拡大)



    以前、pixivのイメージボードの募集で、こんな提案をしたのですが、




    回答を見る限り、この手法は使えませんねw


    次に注目していたトピックとしては、「評価経済社会について」。
    これは岡田さんが提唱した世の中の次のパラダイムシフトな訳ですが、それが何なのかという議論。

    話を聞いてると、どうやら本家クラウドシティでも、そこまで煮詰まった議論・研究(?)は進んでいない模様。カーニバルのこのトピックにおいては「ポイント制」の話が出てきたのですが、ポイントとか数値化の発想が出てくる時点で、今の貨幣経済の価値観に囚われてるのではないかと思いました。しかしこの話にメスを入れると2週間では落ち着きそうにないので、あえてそこは突っ込みませんでしたが・・・。

    ちなみにこの記事を読んでいる方で、何かご意見があればお気軽にコメント欄にお書き下さいませ。CCカーニバルと違ってブログは時間制限がないので、この評価経済社会についても思いっきり突っ込んで構いません。

    あと、私が評価経済社会の一次エネルギーの扱いについて話(評価の為替)をした時、他の参加者から「里山資本主義」という本を勧められました。

    里山資本主義  日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
    里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

    私のリアル知り合いはご存じだと思いますが、私はこういう本が嫌いですw しかし個人に直接本を勧められたのは初めての経験で単純に嬉しかったので、気が向いたら読んでみようと思いますw



    あとは、神についてトピックが独特でした。(確か6つぐらいトピックがあったかな)
    私自身は無宗教ですし基本的に哲学には全く興味がないのですが、様々な人が同じ場所で神や宗教観について語れるのは面白いと思いました。

    その他には「キンキーパーティ」と題して、フェチな事を語るテントがありました。ここもちょっと面白かった。
    あと、グルメの話や、本の話などもありましたが、その辺は全然興味が無かったです。

    ちなみに自分が立てたトピックは、「曲線の魅力について」、「積んでるプラモデルを教えて下さい」などなど・・・。
    トピックを作るにもセンスがいりますね。
    前述の通り、単純にプラモデルの自慢話がしたいのならfgの方が面白いですし、絵の話がしたければpixivとかの方が数もレベルも段違いです。
    なので、ここで話題にするテーマは少し捻る方が面白いのです。難しい・・・。

    以上、CCカーニバルの「テント」はこんな感じでした。



    CCカーニバルを体験して思った事は、クラウドシティというSNSは様々な人がいるけど、そこで楽しめるかどうかは人を選ぶという事です。私はどうだったかというと、あの雰囲気にはたぶん向いていません。最初に言ったように、あそこで行われているのは「リア充ごっこ」なんです。楽しいですが、長時間いると息苦しくなります。
    なので2週間というのは、私にとってはちょうど良い長さでした。

    ちなみに私はどちらかと言うと、クラウドシティよりもFREEexに興味がありますw
    最近は投資してもらったお金を社員に還元するために起業のベンチャーサポートをしてるらしいのですが、CCカーニバルで両方に属している人から聞いたところ、まだビジネスを立ち上げた社員はいないらしいです。
    でもまあ、どんな感じなのかは気になります。


    このCCカーニバルは12月にまた開催するそうなので、また参加すると思います。

    今回、カーニバルで話に絡んで下さった方々、ありがとうございました。
    そして何より、運営していたスタッフの皆様お疲れさまでした。とても有意義で楽しかったです!!



    スポンサーサイト
    コメントの発進準備












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    株価&為替ボード

    by 株価チャート「ストチャ」




    管理人が今期見てるアニメ
    2016年10月 更新

    毎週楽しみにしてるもの
    ( `・ω・´)

    ・Occultic;Nine
    ・ブレイブ魔女
    ・SB62期
    ・ビビットストライク
    ・競女
    ・オルフェンズ
    ・Lostorage incited WIXOSS
    ・魔法つかいプリキュア
    ・ウルトラマンオーブ


    たぶん最後まで見るもの
    ( ^ ω^)

    ・怪獣娘
    ・ステラのまほう
    ・てーきゅー
    ・終末のイゼッタ
    ・仮面ライダーV3(ニコ動)
    ・仮面ライダーダブル(ニコ動)
    ・ジュウオウジャー
    ・仮面ライダーエグゼイド



    最後まで見るか分からないもの
    (´・ω・`)

    ・魔法少女育成計画
    ・魔法少女なんてもういいですから
    ・ろんぐらいだぁす!




    たまに見る
    ( ´_ゝ`)

    ・ドラゴンボール超
    ・カーレンジャー(ニコ動)
    ・ジャスピオン(ニコ動)


    見てないけど気になってるもの
    ( ゚Д゚)





    (前回の夏のアニメは全く更新してませんでしたね。前期は「Thunderbolt Fantasy」が予想外に面白かったです。)



    ※逐次消えたり増えたり順番が変わったりします。
    (時間的に)視聴はこれが限界ですが、もしお勧めの作品があったら教えて下さ~い



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。