ナノガイン.net

    アニメ関連の話をだらだらとするブログ。玩具、プラモ、フィギュアなども語ります。
    ( *なぜかスマホだと画像の表示がズレるみたいです。原因は不明。 )
    ナノガイン.net TOP > スポンサー広告> 雑記 > ワンフェス2012なつ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ワンフェス2012なつ

    ええ、もちろん今年も例のごとく,twitterのTLを指加えながら見ていましたw どうせパソコンの前で作業してたし。

    さて今回一番楽しみにしてたのが,フリーングの「高町なのはフォートレス」の情報。前回は,撮影禁止だったらしく,画像が出回らなかったのですが,今回はたぶん原型ぐらいは公開してくれるだろうと思って密かに期待してました。すると,




    なのはさんキターー!!
    彩色済みきたあああああ!!

    Twitterで「ところで,フォートレスなのはさんの情報は何か出てるかな・・・」と呟いた矢先,ぐま子のtwitpicが流れてきた!

    思わずパソコンの前で立ち上がってしまった。
    腰回りがイメージよりスッキリしすぎてる感じがするけど,十分カッコいいじゃないの。
    現時点での最強装備だよな。すげーカッコイイ。
    一番最初のなのはさんが初代ガンダムだとしたら,なのはフォートレスはEx-sってところかな?

    別の写真も拾ったんでもう二枚




    長距離用粒子砲ユニットも良い感じ。
    メカデザインの黒銀さんが、娘typeのインタビューで「スターウォーズ」の影響を受けてると言ってたけど,すごく分かる気がする。

    この商品が俺にとっての一番目玉だったな。
    あと気になったのはfigmaの素体フィギュア。あれ売るのかぁ。う~ん、プリキュア5のダークドリーム作りてえ!!
    そうそう、3D出力機もヤバかったな。それも含めてその他、時間がある時にレポートやってるサイトを巡回しようかなと思ってる。




    ・ワンホビ・クールジャパン討論会

    っで、ワンフェス終了後のいつもの生放送。
    今回は模型の話が全然無かったけど、その代わり経済産業省の官僚を呼んで討論会をやってたw
    これはかなり見応えあった。
    そして、メンツがいつにも増して濃いwww

    吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
    三原龍太郎(経済産業省)
    木谷高明(株式会社ブシロード 代表取締役社長)
    近藤光(ユーフォーテーブル有限会社 代表取締役)
    太田克史(株式会社星海社 COO)
    志倉千代丸(MAGES. 代表取締役)
    安藝貴範(GOOD SMILE COMPANY代表)
    MAX渡辺(MAX FACTORY代表)

    まあ、何が凄いかって?
    司会進行が神がかってた事さ!

    吉田さんってアナウンサー全然知らなかったけど、話の進め方がすごく上手い。吠える木谷社長をうまくコントロールして、この偉い人たちの話をキレイにまとめてたw

    (ちなみに内容はうろ覚えなので間違ってる箇所あったら米欄でツッコミよろしく)

    まず、テーマは「クールジャパン政策」について。

    早速官僚をフルぼっこw
    この三原さんって人はアニメに理解のある人で、官僚では珍しい部類らしい。本人いわく経産省の中ではアウェイ。

    さて、クールジャパン政策って何?っていうと、「既存の日本の良い物を海外でもっと流通させたい。そのために必要な支援のための予算」というのが大雑把な政策内容。
    具体的な実績として、企業のマッチング大会をやった事とボーカロイドの海外支援が挙げられてた。


    三原さんが「数千万のささやかなる支援」と言うのに対し、吉田さんが「数千万って民間にとっちゃ大ごとですよ。」と言い、その直後、木谷社長が「桁が違うんだよ!むしろ0が2つ足りない!」ってwww もう何なんだこの話www
    木谷社長の言いたい事は分かる。
    でも、今は政府の財布の使い所は震災復興とかもあるしねぇ。

    その他印象に残った話をつまんでいくと

    国の支援があったら何したい?という質問に対し、千代丸さんはアドベンチャーゲームを丸ごと輸出したいと述べてた。
    「ミクの場合は、ミクの魅力全てを輸出したのではなく、一部を輸出して海外でアレンジして受け入れられた。そうではなく日本で作ったものを全てセットで海外に持って行きたい」という話だった。ゲームは国内でメディアミックスされて、その中のアニメなど一部のヒットした物だけが海外に行く傾向があるらしい。アニメだけじゃなく,活字のゲームも含めて作品すべてをローカライズしたいと。
    確かそこから海外でのローカライズの話になったと思う。
    木谷社長は「海外でもっと日本語を浸透させるべき!!」と主張してたw
    一見右翼的な考えに思えるけど冷静に考えると、確かに日本の物を輸出して売るなら、まず日本の文化を先行して輸出しなければならない。その文化と言語をセットにすべきと言う考えは実に理にかなってる。
    なのでブシロードの外国人の社員には、必ず日本語を喋らせるという「逆楽天」をやってるそうだw


    あと近藤さんの話で、お役所のアニメを推進する部署の人間が攻殻機動隊を知らなかったという事にキレたって話をしてた。近藤さん曰く「(そのポジションに)お前がいるからダメなんだ」とw
    ちなみに三原さんも木谷社長の所に営業しに行った事あるらしいけど、「国の支援など要らない」と3秒ぐらいで瞬殺されたらしい。木谷社長的には国の支援自体は賛成だけど,実際に関わると「分からない人間に説明するのが困難」という事だった。
    それぐらいお役所にはギャップがあるそうだ。
    まあ,オタクじゃない人にオタク文化を説明する難しさは誰もが経験あると思う。その中で予算獲得するまで努力をするぐらいなら,支援無しで仕事してた方が有意義だよなあ。
    そういう面でも三原さんは貴重な存在だったのだけと、その頼もしい三原さんも、あと1年程したら部署を異動させられるらしい。お役所の部署に一人の人間を長期間居座らせる危険性も分かるけど,なんかなあ・・・。

    三原さんの「民間と積極的につるんで良いのだろうか」という疑問に対しては、民間のお偉いさん方は全会一致で全く問題ないという答えだった。
    太田さんは「官のそういった心配は、評論家・大塚英志の影響を受け過ぎてる」と言ってた。


    印象に残ってる話はこれぐらいかな。
    是非色々な人に見てほしい放送だけど・・・ミカタンチャンネルとかで無料配信しないかなあ。オタキングの放送みたいに。
    <追記>個人でうpってる人がいました↓





    少なくともポスト三原さんの役職になる人は、絶対にこの放送をタイムシフトで見るべきだと思う。
    いや、むしろ経産省の勉強会で流せよ。
    スポンサーサイト
    コメントの発進準備












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    株価&為替ボード

    by 株価チャート「ストチャ」




    管理人が今期見てるアニメ
    2016年10月 更新

    毎週楽しみにしてるもの
    ( `・ω・´)

    ・Occultic;Nine
    ・ブレイブ魔女
    ・SB62期
    ・ビビットストライク
    ・競女
    ・オルフェンズ
    ・Lostorage incited WIXOSS
    ・魔法つかいプリキュア
    ・ウルトラマンオーブ


    たぶん最後まで見るもの
    ( ^ ω^)

    ・怪獣娘
    ・ステラのまほう
    ・てーきゅー
    ・終末のイゼッタ
    ・仮面ライダーV3(ニコ動)
    ・仮面ライダーダブル(ニコ動)
    ・ジュウオウジャー
    ・仮面ライダーエグゼイド



    最後まで見るか分からないもの
    (´・ω・`)

    ・魔法少女育成計画
    ・魔法少女なんてもういいですから
    ・ろんぐらいだぁす!




    たまに見る
    ( ´_ゝ`)

    ・ドラゴンボール超
    ・カーレンジャー(ニコ動)
    ・ジャスピオン(ニコ動)


    見てないけど気になってるもの
    ( ゚Д゚)





    (前回の夏のアニメは全く更新してませんでしたね。前期は「Thunderbolt Fantasy」が予想外に面白かったです。)



    ※逐次消えたり増えたり順番が変わったりします。
    (時間的に)視聴はこれが限界ですが、もしお勧めの作品があったら教えて下さ~い



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。