ナノガイン.net

    アニメ関連の話をだらだらとするブログ。玩具、プラモ、フィギュアなども語ります。
    ( *なぜかスマホだと画像の表示がズレるみたいです。原因は不明。 )
    ナノガイン.net TOP > スポンサー広告> 雑記 > アニメの評価とお金の流れ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    アニメの評価とお金の流れ

    そろそろ今期のアニメも最終回シーズンに入ってますが、なかなか時間がなくて今期のアニメについて全然語ってなかったなぁ。

    とりあえず4クールものを除くと今期見ていたアニメは、

    ガールズ&パンツァー
    武装神姫
    ジョジョ
    SAO
    TE

    こんな感じです。すくねーwww
    途中まで見ていて、見たかったけど時間がなくて泣く泣く切った作品は、

    中二病
    ロボティクスノーツ
    神様はじめました
    リトバス

    この4作・・・他にもあった気がするけど覚えてない。とりあえずロボノと中二は、後から見たいと思ってる。神様の方は※付きじゃないと見るのキツイかなぁ。
    あと、バクマンとかナディアも見なくなったなあ。決して面白くなかった訳ではない。見る時間が無いんだよ・・・orz
    あと、とらぶるダークネスとか、おにあいとかの紳士向けアニメも時間さえあれば見たかったです。



    さて、新作アニメが氾濫している今の時代。見るアニメを選択しなければ時間的に見れません。全部視聴するのが理想なのですが、残念ながら理想は理想です。

    で、ふと思ったんだけど、アニメを見る優先順位は、当然好きな作品や面白いものから順に見ますよね。ストーリーが気になるし、テレビなら最速無料で見れる。見逃しても、その週ならニコ動やバンダイチャンネルなどで、無料で見れる機会もあるだろう。なので早めに視聴するに越したことは無い。
    とても良い時代になったと思います。

    では、先ほども述べたように、観たいけど観れなかった作品はどうなるか?
    そう・・・後から見ると有料になるのである。


    作品の評価は、先に見られる作品の方が高いのに、お金は後から見られる作品の方に支払われる。


    これっておかしくね!?

    (実際は、グッズ販売やその他の影響もありますが、今はその要素の話はぬきにしますね)

    大雑把に作品の評価を分けると、今すぐ観たいアニメ、後から見たいアニメ、そもそも観ないアニメの3つに大別されます。その中で、中間の評価の作品に対してお金を払う仕組みになっているのです。
    "神の見えざる手"に反する動きです。

    この状態を解決するのは実に簡単で、全て有料にすれば良いだけの話です。しかし、それではシステムが退化しているので絶対に賛同できません。

    そもそも、この経済体制のズレは時間軸にあります。無料視聴期間の自由性に限界がきてるのです。人ひとりが任意に調整出来ない部分に変化してきてます。
    本来、物だろうと情報だろうと、需要のある所に評価が行くべきです。評価は人それぞれですが、個人の評価とその対価は相対的に分配されるべきだし、ファンもそうしたいはずです。しかしここで言う"評価"というのが知名度とその拡散速度になっており、そこに無理やり貨幣経済のシステムを導入しているため、お金の流れだけに注目すると自由競争の経済の根本的な概念として由々しき事になっているのです。

    無料視聴期間は、最初は素晴らしいシステムでした。
    テレビ視聴の後に面白かったら円盤を買ってもらう、若しくはレンタルしてもらうという「TV放送とビデオの関係性」に準じて進化したシステムで、今までテレビ放送を見れなかった時間帯や地域をフラットにし、後払い制度(評価)をより純粋なものにしました。

    先行視聴→評価してもらう(面白かったら金を払う)

    なぜかデカイ顔をする映画産業には無いこのシステム。評価経済社会にパラダイムシフトする世の中においては重要なプロセスです。
    しかし、現在はその先行視聴するべきものが多すぎて、その先行視聴の時点で既に選抜が始まっているのが現状です。
    作品数の肥大化が、またしても時間的制約を作ってしまいました。

    先ほども言ったように、後から見る作品にも、先に見た作品にも金を払えれば問題ありません。それが理想です。個人の評価に対して相対的な対価を支払う事が可能であれば、視聴者としても、売買のシステムとしても納得のいくものになるでしょう。
    この後払い制度を評価と結び付けるのであれば、システムはSNSのアンケート評価のように、絶対評価である必要があります。そのためには票が無造作に生産できるようにしなければいけません。
    しかし実際にはお金は無限ではありません。票そのものに価値があるので、票のインフレを起こす事が許されず結果的に相対評価になってしまっています。そこに既存のシステムの延長と時間的制約による商売が混在しているので、相対的評価も歪んでしまっています。
    そして、それがお金の動きの本来の概念を見失うという矛盾に発展しているのです。

    やはり、アニメを含めて娯楽の消費制度はまだまだ過渡期です。


    アニメを見る権利に対価を支払って、後で作品別に分配する事が出来れば良いのですが、すぐにその解を出せないのが厄介・・・。やはり時間との戦いですね。
    人類の経済の整備は、常に時間軸との戦いだった気がします。

    以上、いちアニメファンの独り言でした・・・。




    そういえば、最近このブログの左側(←)のプラグインの上に株価のボードを設置したのですが(別に株をやってる訳でもなく、ただの中二心で設置した飾りですw)、先週の総選挙で安倍総裁が決定してから、日経平均株価の数字がずっとですね。うん、イイコトダ。




    それはさておき、ガルパンの続きが3月ってマジかよ・・・

    ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 1 [Blu-ray]ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 1 [Blu-ray]
    渕上舞,茅野愛衣,尾崎真実,水島努

    バンダイビジュアル
    売り上げランキング : 7

    Amazonで詳しく見る by AZlink

    スポンサーサイト
    コメントの発進準備












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    株価&為替ボード

    by 株価チャート「ストチャ」




    管理人が今期見てるアニメ
    2016年10月 更新

    毎週楽しみにしてるもの
    ( `・ω・´)

    ・Occultic;Nine
    ・ブレイブ魔女
    ・SB62期
    ・ビビットストライク
    ・競女
    ・オルフェンズ
    ・Lostorage incited WIXOSS
    ・魔法つかいプリキュア
    ・ウルトラマンオーブ


    たぶん最後まで見るもの
    ( ^ ω^)

    ・怪獣娘
    ・ステラのまほう
    ・てーきゅー
    ・終末のイゼッタ
    ・仮面ライダーV3(ニコ動)
    ・仮面ライダーダブル(ニコ動)
    ・ジュウオウジャー
    ・仮面ライダーエグゼイド



    最後まで見るか分からないもの
    (´・ω・`)

    ・魔法少女育成計画
    ・魔法少女なんてもういいですから
    ・ろんぐらいだぁす!




    たまに見る
    ( ´_ゝ`)

    ・ドラゴンボール超
    ・カーレンジャー(ニコ動)
    ・ジャスピオン(ニコ動)


    見てないけど気になってるもの
    ( ゚Д゚)





    (前回の夏のアニメは全く更新してませんでしたね。前期は「Thunderbolt Fantasy」が予想外に面白かったです。)



    ※逐次消えたり増えたり順番が変わったりします。
    (時間的に)視聴はこれが限界ですが、もしお勧めの作品があったら教えて下さ~い



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。